2013年

2月

21日

夏みかん

自宅庭の夏みかん、たわわになってそろそろ食べごろになってきました。

 

先日、民間の放射能測定所に行って測定してきました。

 

結果は・・・不検出!!(検出下限 Cs-137 1.44Bq/KG、 Cs-134 1.28Bq/Kg)

 

ぱんには皮と実を使うので、皮と実の混合で計測しました。

 

ホッとしました~。

ほぼ手入れも何もしてませんが、こんなにたくさんなってるのに処分するのは悲しすぎる(味もとてもおいしいのです)。

 

昨年末は購入した埼玉産の柚子が少しですが検出された(処分しました)ので、半ばあきらめてました。

畑の作物はほとんど検出されないようですが、木になっているものなど(特に柑橘類)は検出されるものもあるようです。

 

 

今回は時間をかけて低い検出下限値まで計測してもらいました。

 

民間の計測所にお願いすると、料金がかかります。

店で使う全部の材料を計測することはできません。

でも自分のところで作っているものや怪しいなと思うものは調べようと思ってます。

蓮田市では昨年から無料計測をしてもらえるようになったので、今回電話で問い合わせしたら、一般家庭の食品については受け付けているが、店に出す食品については断られてしまいました。

 

なぜ??

蓮田市以外にお店があったり、蓮田市以外の人や企業向けの食品であればまだ理解もできますが、蓮田市に住居も店もあり、蓮田市の方ももちろん買いに来ていただいてます。

 

簡易検査なので公表されたりすると困る、証明書が出せない、そういう決まりなので・・・と。

責任とれないということか・・。

 

もちろんお客さんに聞かれたら簡易検査であること、検出下限値などもそのままお伝えするつもりでしたよ。全く調べないよりは簡易検査でも調べた方がよいと思ったのです。

それでもダメということはよっぽど検査結果があいまいということですか。一般市民にはそれでいいということですか?

でも今回お願いした民間の測定所も同じ機械なのですよ。

 

何のための測定なのか、誰のための測定なのか。

市のやってることは意味わかりません。

もちろん一般家庭のもの大切ですが、蓮田市の飲食店などたくさんの人が口にするものをちゃんと調べたほうがみんなが安心できると思うのですが。

 

変でしょうか??

 

こんなこと書いちゃうと、うわー、なんか睨まれたりするのかしら?